二宮育美幼稚園ブログ
二宮育美幼稚園 二宮育美幼稚園トップページへ


ブログ ~Ikumiのあゆみ~

お天気に恵まれて・・・☀親子遠足ズーラシアに行ってきました!

「ねぇ、せんせい、あと なんかい ねたら えんそく いける??」

 

そんなワクワクする会話をお友だちと交わして、

迎えた5月のよく晴れた爽やかな遠足日和の日。

二宮育美幼稚園、全学年で親子遠足に行ってきました!

大きなバスで向かったのは、横浜にある動物園、ズーラシアです。

DSC_0017 DSC_0019 DSC_0022

大型バスに乗ることもひとつの大きな楽しみでした。

幼稚園では、遠足の日の何日も前から「♪えんそくバス」の歌を歌って、

バスごっこを楽しんで、みんなの気持ちは高まっていました。

当日は、バスの中でお家の方とお話をしたり、

お友だちと顔を見合わせては思わずキラキラの笑顔を交わしたり・・・

目的地に到着する前から、もう嬉しくて仕方のない様子が微笑ましい車内でした♡

DSC_0026

広々としたズーラシアの園内は緑も多く、

たくさんの動物の姿を見ることができます。

広い原っぱが広がるコロコロ広場で、学年毎に揃ってお日さまの下でお弁当を食べました。

DSC_0051 DSC_0056 DSC_0063 DSC_0067 DSC_0072 DSC_0077 DSC_0089 DSC_0092
DSC_0095 DSC_0097 DSC_0101 DSC_0105
DSC_0110

お家の方と、そして、お友だちと一緒に太陽の下で食べたお弁当は、

どんな思い出の味になったかな?

もしかすると今日のこの日の遠足のことは数年も経てば忘れてしまうかもしれません。

ですが、子どもたちが感じた太陽のあたたかさや、幸せな気持ち、

ワクワクする気持ち、動物を見た時の感動など、

たくさんの気持ちが一人ひとりの心を大きくして

みんなのこれからのことにきっと繋がっていくことだろうと思います。

DSCN3976

お弁当を食べ終わり、たくさんのお友だちが向かった先は、、、、アスレチック!!

やっぱり体を動かして遊ぶことが楽しいね♪♪

DSC_0115 DSC_0119 DSC_0127

とっても楽しい遠足になりましたね、

みんなありがとう!

またお家の方とお友だちと先生と、素敵で楽しいことをたくさんしましょうね。

育美が避難訓練で大切にしていること

目次

1.大地震を想定した避難訓練を行いました

2.避難訓練の際の子どもたちへの関わり方

3.育美の教職員が大切に考えていること

 

1.大地震を想定した避難訓練を行いました

5月6日(金)に今年度初めての避難訓練を行いました。
朝の身支度中・自由遊びの時間中に大地震が発生するという想定です。
一次避難で園庭の中央に避難します。
避難の際の合言葉「お・か・し・も」(おさない・かけない・しゃべらない・もどらない)の約束をしっかりと覚えて、子どもたちは真剣に訓練に参加していました。

 DSC_0170

 

次に送迎バス乗車中に災害に遭い、安全のためにバスを降りて
地域の避難所に移動しなければならない場合を想定した訓練です。
通常の昇降扉からではなく、非常扉からという設定で訓練しました。

 DSC_0161

非常扉の開け方もバスメーカーによって違いますので
教職員全員がどのバスでも速やかに開けられるよう
訓練・教育を定期的に行っています。

 

2.避難訓練の際の子どもたちへの関わり方

避難訓練前後は、泣いてしまう子やその後に大きな地震が来るのではないかと
不安になってしまう子などさまざまです。
そんな子どもたちに対して育美の先生たちは次のことを意識して関わっています。

 

①訓練は大切なことだと丁寧に伝える

②落ち着いて避難できたことを褒める

③子どもたちが落ち着ける雰囲気づくり環境づくりをする

 

災害は本当に恐ろしいことです。
いざという時に自分の身を守れるように、知っていることを話し合ったり、
「どんな災害があるか」「その災害が起きるとどうなってしまうか」など、
わかりやすく伝えるようにしています。

そして、何より大切なことは、毎日の生活が安全で安心な生活であることです。
1秒1秒、1分1分の子どもたちとの生活を丁寧に大切に積み上げて
生活を作っていることが 非常時においても落ち着いた安全で安心な行動へと
活かされると考えます。

 

 

3.育美の教職員が大切に考えていること

また、当園では様々な状況を想定した避難訓練を毎月行っています。

http://www.ikumi-kindergarten.com/safety01.html

 

子どもたちはもちろんの事、教職員の安全に対する意識も
回を重ねるごとに高まっています。

 

子どもたちといる時に災害が起こった場合、その命を守ることが出来るのは
私たち教職員です。
その為には、刻々と変わる状況を判断し、臨機応変にその状況に応じた
対応を出来る様になることが大切だと考えています。

 

万が一の事態の時に、全員が無事に避難し、身の安全を確保することができるように、
今後もしっかりと訓練を重ねて行きます。

 

次回の訓練は園児引き渡し訓練です。
保護者の皆さま、よろしくお願い致します。